病的口臭とはどういったものか

病的な口臭には、次のようなものがあります。

口の病気
虫歯、歯周病、口内炎など。

鼻やノドの病気
蓄膿症や扁桃炎、アデノイドなど。

胃腸の病気
胃炎や胃拡張など。

呼吸器の病気
慢性気管支炎など。

その他
糖尿病や肝臓病、腎不全、がんなど。

こうした病気のなかでも、もっとも口臭の原因となりやすいのは、虫歯と歯周病です。じつは慢性的な口臭の原因の9割は虫歯と歯周病というくらい。つまり口臭を気にするなら、虫歯と歯周病を防ぐことを狙ったオーラルケアこそがもっとも大事になってきます。

病気でなくても、口臭は生まれます。それを抑えるには唾液の抗菌作用を利用するのが一番だと思います。しかし唾液の分泌量が少ないと、細菌が増殖して口の中が不衛生になり、口臭が発生してしまいます。すなわち口臭の予防・対策に唾液分泌はきわめて大切だと考えられます。また、リラックスをすると唾液が出やすくなるといわれています。自律神経の働きにより、緊張すると唾液分泌が減り、リラックス状態のときは唾液が出やすくなるとのことです。緊張して口が渇く時は、誰でも経験のあることでしょう。気付いた時は肩の力を抜いて、深呼吸してみましょう。またお水を少し飲んで、お口の渇きを潤すことも必要なことです。

>>白い歯 歯磨き粉