紫外線対策とシミの原因について

強い紫外線にさらされた肌は老化が進行し、しみやたるみが増えますので、紫外線対策は日頃から必要不可欠です。紫外線対策をする為には、紫外線がなぜしわやシミの原因になるのかについて理解しておくことをおすすめします。人間の皮膚には、メラノサイトという細胞があります。その細胞は長時間紫外線を浴びると、肌を刺激から守るためにメラニン色素を生成します。メラニン色素が生成されると、肌に照射された紫外線はメラニン色素の黒い部分で遮られます。元々は肌を守るために生成されたメラニン色素です。しかし、メラニン色素が生成されすぎると、結果的にしみやくすみになってしまいます。本来、メラニン色素によって肌が黒くなるのは一時的なものであり、肌のターンオーバーによって体の外に出ていくものとなっています。メラニン色素が多すぎると、通常のターンオーバーでは排出されずに肌に残ってしまうことになり、シミの原因になっていまします。紫外線が皮膚に照射されても、すぐにしみにはなりません。メラニン色素かシミになるまでにはしばらく日数がかかります。季節が夏から秋や冬に移り変わり、日焼けしいた肌の色が元に戻る頃になると、肌のシミがはっきりするようになります。後になって後悔しないように、普段から紫外線の対策をきちんとすることが大切なのです。紫外線が強い時期に限らず、普段から紫外線対策をしっかりしておくことが、紫外線による影響で肌が老化してしまわないようにするためには大事なのです。
タトゥー 消したい