遺伝子検査はいつからする?

遺伝子検査は、別名DNA検査とも呼ばれていて、人それぞれが持っている遺伝子の特徴を調べる検査を指していいます。特に、ここ10年ほどの間にその分野の研究はめざましく進んだため、唾液などからDNAが持っている情報を分析することが簡単にできるようになりました。そして、分析結果によって、個々の人間が生まれたときから持っているさまざまな病気に対するリスクを判定することが出来るようになったのです。ところで、病気になる要因があっても、必ずその病気になるというわけではありませんが、発症の30%前後は遺伝子によって決められてしまうことが分かっています。そこで、病気になりやすい遺伝子を持っていると分かった場合、環境要因を出来るだけ取り除くことで、生涯にわたって病気を発症せずに済むこともあるわけです。遺伝子検査によって生活習慣の見直しや、環境要因の排除が進み、多くの方が健康を保てるとしたら、それは科学の進歩の中でも素晴らしい成果なのではないでしょうか。なお、遺伝子検査には、いつからしたら良いのかという基準はありません。また、持って生まれた遺伝子は一生変化することはありませんので、一度受ければそれでよいのです。
http://xn--i-936a730bwwmjlbuy5k.com/