夏に太る原因は

夏太りの原因は、運動不足と炭水化物の過剰摂取だと思います。

夏は暑くて汗が出るので、新陳代謝がいいと思いがちですが、ただ単に水分が出ているだけでカロリーは消費されていません。なので、汗をかいているからカロリーを消費していると勘違いしてしまって、食べてもいいように思ってしまうのです。

また、暑いので、いつもは歩ける距離や散歩も、車ででかけてしまいがちですし、動くと暑いので、ついダラダラしてしまったりしてしまいます。そうなると、夏以外の季節に比べ、夏は消費カロリーが意外と減ってしまいます。

夏は暑いので、つい冷たい物を食べたくなってしまい、そうめんや冷やし中華等といった麺を多く食べがちです。のどごしがいいとつい食べ過ぎてしまいますが、麺はお米よりカロリーがあるのでカロリー過多になってしまいます。冷たいビールもおいしいし、アイスもつい多くなってしまいます。

ですので、食事でいつもより気付かずにカロリーを摂取し過ぎてしまうのに、消費カロリーが減ってしまい、体重増加につながってしまうのだと思います。

http://xn--ndk6bvc5322bedimq7a.xyz/