住宅ローン控除という制度について

マイホームを建てる時にはほとんどの人が住宅ローンを利用すると思いますが、ローン控除の制度を理解しておく必要があります。

払うべきところをきちんと払い、払わずに済むところは払わなくていいようにするためには、住宅ローン控除について理解しておくべきです。ローンの返済が少しでもやりやすくなるようにバックアップをするというのが、住宅ローン控除というシステムがある理由です。住宅ローン控除とは所得税を控除するものであり、対象となる金額はその年の住宅ローンの残高と、住宅の取得対価の低い方の1%があてはまります。その時に計算した金額が、所得税より多かった場合、引き切れない金額は住民税からも差し引けます。税金負担を軽減できるという点でとても優れています。とはいえ、年末の住宅ローン残高には金額の上限が定められていますし、入居した年を起点にして計算しなければなりません。

どのタイミングで家を買ったかによって、控除される最大の金額は異なってくるので、この点は確認しておくようにしましょう。住宅ローンの控除については、平成26年までは最大200万円、平成26年以降は最大400万円と、控除額の条件が大きく変わってしまっています。どうしてこんなに変化したのかといえば、平成26年には消費税率の引き上げが起こり、住宅ローン控除の仕組みも変わりました。確定申告は自分で作成し、提出しなければいけないものですから、書類が作成できるくらいの知識を持っていなければなりません。自分で確定申告の手続きを行うのは大変だという人もいますが、所得税だけでなく住民税も安くなるかもしれないというのは魅力的です。住宅ローンの控除は正しい手順で申請をすれば、所得税や、住民税から引かなければならない控除額を、きちんと適用することが可能です。BULK HOMME