認知症と血管

これから、高齢化社会がおとずれるので、認知症というのは切っても切れない重大な問題です。
認知症というのは様々な要因によって脳の細胞が死んでしまったり、細胞の動きがおそくなったりすることで、脳にさまざまの障害が起こってしまい、毎日の生活に支障が出てきてしまうような状態のことを言います。

先天的の脳の障害とはことなり、こちらは知的障害と呼びます。
このような認知症の原因のひとつとして挙げられるのが、血液がどろどろになってしまう、動脈硬化が原因ということがあります。閉経後の女性とか、食生活が欧米化している人は特に注意が必要です。では、どのように血管をやわらかくすればよいかというと、適度に運動をするということが必要になってきます。
有酸素運動であれば、とくに運動神経も必要ではないのでおすすめですね。また、食生活も大切です。食事では野菜をたくさん摂ることを意識したり、オメガ脂肪酸という油をたくさんとったりすることが、キーポイントとなってきます。
牡蠣のチカラα