マンション購入時の住宅ローン金利について

新しくマンションを選ぶ時には、まず、幾らまでの物件にするかを決めるものです。

マンションを買うために、住宅ローンの融資を受けるという場合は、金利が何%のローンを利用するかで、返済総額が大きく左右されます。仮に3,000万円を35年、金利1%だとすると総支払額で3500万円以上となり、利息分だけでも500万円を超えるほどのの支払となります。同じ3,000万円の住宅ローンでも、金利が0.8%だとして計算してみると、総支払額は3,400万円程度となり、利息分だけでは400万円の支払となります。金利の違いは些細な差に見えるかもしれませんが、100万円の利息差があれば、かなりのものといえます。マンションを購入する時にはその金額がとても大きくなるので、金利の小さな差なんて気にならなくなってしまいがちです。

いつもと桁の違うお金のやりくりを考えていると、数万程度の利息が端数に感じることもありますかの゛、れっきしたお金であるといえます。100万円が手元にあれば買い物もたくさんできますし、高級な家具や、車なんかも購入できるかもしれないくらいの金額です。金利は見た目は数%の小さな値ですが、計算される利息は大きな金額になることをよく理解しておく必要があります。住宅ローンを申込みする時には、月々の返済金額も生活に直接関ってくるので気になる点ですが、支払い総額も確認するようにしましょう。金利のつけ方は金融商品によっていろいろで、固定金利と変動金利のほか、両者の特徴を合わせた混合タイプがあります。マンションを購入する時には、住宅ローンの内容を十分に比較し選ぶことで、少しでもお得なローンを組むようにしたいものです。ライスフォース