担当者をみる

業者の選び方によってリフォームが成功するかどうか決まります。
しかしさらに言うと、担当者の選び方もリフォームの成功に大きく関係してきます。

なぜならばあなたたちのリフォームに関する要望を聞き、それを実際に施工する業者に伝えて管理、監督するのはその担当者だからです。
こちらのリフォームに関する要望をしっかりと理解してくれるか、それに合った提案をしてくれるか、予算内でベストな方法を検討して、施工業者に伝えてくれるか、要望通りに工事が進んでいるかどうかをきちんと管理してくれるか。
これらすべて担当者にかかっているからです。
リフォームを成功させるには、いい担当者と出会うことが大切なのです。

リフォームに関して、お客さん側はリフォームに関する詳しい知識がないという場合がほとんどです。
古いものを新しくするだけがリフォームではありません。
キッチンをリフォームするとき、自分の家に合うキッチンはどのようなタイプで、サイズはどれくらいがいいのか、どの向きに置くのがいいのか、コストパフォーマンスはいいのかなど、様々な情報を提供してもらいより良い住まいにしていくのがリフォームです。
担当者次第で、リフォームプランも変わってきますし、満足度も変わってきます。

信頼できる担当者かどうかを見極めるポイントをいくつか紹介します。
・基本的なことですが、時間を守る、こちらの要望をしっかりとメモする、車を止めるときに一言断りを入れるなどの常識がなければだめです。
・お客側の言い分をそのまま全部聞いてしまうだけ、反対に担当者側の言い分をすべて通してしまうだけの担当者はだめです。
お客さんが住みやすいようにきちんと要望を取り入れながら、より良い提案ができる担当者でなければよくありません。
・いくつか提案をしてこちらに選択肢を与えてくれる人。
・メリットばかりではなく、デメリットについてもきちんと説明してくれる。
デザイン性を重視してこれを使えばおしゃれだけど、汚れが目立つとか、悪いところについても説明をしてくれる人でなければ信用できません。
・見積もりで予算よりも高くなってしまったとき、この部分を削ればこうなるとか、使う材料をこれにすればこうなるといった具合にコストを下げるための提案、その際のデメリットについてもきちんと説明してくれることが大切です。
見積もりのコストが予算外だったからと、大幅に値引きをしてくる人は信用できません。
最初から高い価格設定だった可能性もあります。
・コミュニケーションを気持ちよくとれることも大切です。
キャッシング即日融資