リンパを流すマッサージの力加減はやさしく!が基本

一口にマッサージと言っても、その目的によって力加減は変わってきます。

筋肉疲労の場合、筋肉の流れにそってマッサージを行います。硬くなっている筋肉に対しては重点的にそこを攻めます。

しかし、リンパマッサージの力加減については、他のマッサージと比較してももっと弱い、さらっとした力加減で行わなければなりません。

それはどうしてかというと、リンパ液の流れるリンパ管は非常に細く、強い力で押すと潰れてしまう可能性があるからです。

リンパの流れは押すという感じではなく、手を滑らせ、リンパの流れの勢いをつけてあげるイメージで行わねばならないのです。

リンパマッサージをする際には優しいタッチで肌の上を手が滑るように力加減に注意しましょう。

手の摩擦を減らすためにマッサージオイルを使用するのも良いですね。
脚へのマッサージなら、ストッキングをはいた上から行うのも良いでしょう。

しかし、自分ではどうしても力加減をつかめないという方のために、リンパマッサージ専門のエステサロンがあります。

料金はそれぞれエステサロンによって異なりますが、初回限定のお試しコースやプランによっては非常に安くマッサージを受けることが可能です。

顔のむくみ、脚のむくみに悩んでいる人は、お試しコースでまず体験してみるのも良いでしょう。

うるおいクレンジング泡ジェル