生活習慣病と肥満

生活習慣病は色々な種類がありますが、肥満、メタボリックシンドロームになっている人はとても多いと言われています。

なぜ生活習慣病の肥満になるのでしょうか。肥満というのは、そもそも、体の中に必要以上の脂肪がたまっている状態のことを言います。必要以上の脂肪が体の中にたまってしまうと、生活習慣病のきっかけになったり原因になりますし、内臓に負担をかけることにもつながります。生活習慣病の肥満を予防することや改善するためには、食生活について改善させることが大切です。満幅中枢という、おなかがいっぱいになるという指令を出す場所がありますが、この満腹中枢というのは、食事の20分後から指令が出始めますから、しっかりとよくかんで、ゆっくり食べれば、満腹感を感じることはできるのですが、あわてて食べたり、噛まずに食べてしまうと、満幅中枢が刺激されませんから、たくさん食べてしまうのです。大阪のハロウィンビュッフェで、生活習慣病の肥満を予防するためには、腹八分目くらいにしておくことがいいでしょう。少し物足りない程度にしておくのが一番ベストです。そして運動不足の人は、運動をしないから、食べる量を減らすという考え方ではなくて、体も動かすことを考えることも大切です。生活習慣病の肥満を解消させるためには、有酸素運動をすることもとても大切です。有酸素運動は、脂肪を燃焼させてくれますし、毎日20分以上体を動かすことで、生活習慣病の肥満の予防につながりますのでお勧めです。
12