犬は何を考えているのだろう

犬は人間とともに3万年前から生活を共にしています。
犬は人間と嬉しさや悲しさを共有しているのです。

犬の脳の動きを調べた研究家によると、注目に値するのが、悲痛な音声に対して示した犬と人間の脳内における感情処理の類似性だそうです。
また、嬉しそうな音に対しても両種の聴覚皮質は反応していたということです。

こうした共通点は、犬と人間が絆を育む上で重要になる。緊密なコミュニケーションを可能にしていることを示唆しています。
すなわち、犬は微妙な気分の変化を感じているだけでなく、まさに物理的に勘定を共有しているようなのです。

行動科学も上記のような結果を支持しており、犬は人間の赤ちゃんが行うような方法で、飼い主とコミュニケーションをとっているといっています。
彼らが不安を覚えたり、心配になったりすると、幼い子供が両親の側へまっしぐらに戻るように、飼い主の許へ駆け寄って行く、これは同じペットでも、驚いた猫や馬が走り去って行くのとは実に対照的なのです。
犬は人間との絆を大事にする生き物なのです。
不思議なのは、犬は人間とはアイコンタクトを取りますが、犬同士とはアイコンタクトは取らないということです。
以上のことで、犬をもっともっと身近に感じてくれましたか。
犬と人間の間には、ここでは説明できない神秘的なつながりがありそうですね。

犬とその飼い主に人気のプレゼントをお探しの方はコチラをクリック!