仕事を自由に選択できる若い世代の人たち

つける仕事の種類はかなり多くなっており、今の若者たちにとっては仕事の可能性は広大なものがあります。昔は、生まれた環境でつける仕事は大体決まっていましたし、全く選択肢がない人もいました。現在の日本社会では、必ずしも就職しなくても収入を得るあてはありますし、つきたい仕事を望むことは可能になっています。自分の好きなものが選べるからといって、必ずしも満足度の高い仕事につけているかというと、そうでもない方も大勢います。希望すれば自分の意志で仕事を選択出来る時代に生まれたからこそ感じる自由に対するもどかしさがあります。現代の社会を生き抜くためには、膨大な選択肢の中で何を選ばないことにするかも大事です。現在は、ネット社会に突入しており、他の人がどんな暮らしをして、どんな価値観を持っているかが、わかるようになりました。インターネット用に整えられた情報は、人の目につきやすく、羨望の対象や、注目の的になることもあります。若い人の中には、自分の人生が、ネットにアップされている人の暮らしと違い過ぎると感じることもあります。インターネットで公開されている理想的な人生と、自分が実現できていない人生の差に、自己価値が下がる人もいます。自分の選んだ仕事はもしかして間違っていたのではないか、自分の選択は誤りだったのではないかと考えてしまいます。現在は情報が氾濫していますので、仕事を選択する時には、周囲の情報に流されすぎないようにしたいものです。スマートex 乗り方