ボトックス注射は小顔になれる方法

表情じわを目立たなくしたり、エラの張った顔を小顔にする作用が、ボトックス注射で可能です。目尻や口もとにできる表情じわを目立たなくするためにボトックスを注射するという方法は、たくさんの人が利用しています。ボトックスの注入により、表情じわ解消の他、お顔作用も得ることができます。

ただし、小顔になりたいという全ての人に向いている施術とは言えません。顔の輪郭線が、筋肉が張っているせいで大きく見えているという人に限り、ボトックスによる小顔施術が効果を発揮します。エラの張った顔立ちの人が、ボトックス注射をして小顔になりたいという場合は、高い効果が期待できます。ボツリヌス菌からできる毒素が、ボトックスの原材料になります。神経に働きかけることで、筋肉が動かないようにすることができます。使用されない筋肉は減っていくため、ボトックスを用いてわざと使えないようにします。ボトックスを注射して使わなくなる筋肉があった時に、顔が小さくなる可能性がある顔立ちの人だけ、施術効果があります。逆にいうと、筋肉の過度な発達以外のタイプには、小顔効果は殆どないという事です。もしも、エラが張っている状態を何とかしたいと思っているなら、ボトックスを注射し、エラの原因となる咬筋を小さくします。担当医師の判断や技術でも仕上がりは変わりますので、もしも小顔になるためにボトックスを利用するなら、クリニック選びをきちんと行いましょう。
プリテオグリカンラクト 効果