通信高校、定時制高校について

定時制高校は夜間高校で昼間は働いていたりするので年齢層が高いように認識している。

昼間の通うコースと同じで平日毎日通っているように思える。
昼間に通う学校と比べて違いはあるのかいうと、少し違いがある。
それは、卒業するまでにかかる年数が違います。
昼間の通う学校は3年だが、定時制で通うコースは夜間なので昼間と比べると授業時間が短いので、それで3年で卒業となると短すぎるので4年になっている。

そして、通信制高校は、年に数回通うコースから毎日通うコースからまでありいろいろあるとおもいます。
体育とかはどうしてやっているのかというと
数回の日に通って行っている。
通信制高校はどのコースにも課題があるのだが
インターネット(ipad)などで学習、勉強してから課題を提出するようになっている。
年に1回、通常で言われるテストが行われる。
基本的には提出物とテストで評価されるのである。
テストより提出物の方が評価が高いと言われている。

高校 辞めたい 高3だったらどうする