汗をかかない人に起こりやすいトラブルって?

汗はいつも多くの人を悩ませるいやな存在ですが、もし汗をかかない
ともしかしたら何か悪い症状を起こす原因になっているかも知れません
ここでは、汗をかかないと起こる危ない症状について言及したいと
思います。

・熱がこもり熱中症になりやすい
汗が出ないと体温の調整が出来ずに体に熱がこもる「うつ熱」という
状態になり、熱中症になりやすくなります。

・体臭が酷くなる
体内にある有害物質や脂質などの分解が出来なくなるため、においの
原因となる成分の濃度が高まり、体臭が酷くなります。

・肥満体質になりやすい
汗をかかないと代謝が低下し、エネルギーを体内に蓄積しようとする
ので、痩せにくく肥満体質になりやすくなります。

・免疫力がなくなり病気になりやすい
基礎代謝が落ちてエネルギー不足になると免疫力も落ちてしまいます。
自律神経の働きが低下することで、免疫力が下がり感染症などにも
かかりやすくなります。

・冷え性になりやすくなる
発汗する量が減ることで体内の熱を冷ますことが出来なくなります。
汗が出ないということは、たいないに余分な水分が溜まり、尿として
排泄するまでの間ずっと体内に留まることになるため、体を冷やし
低体温症になる危険があります。

トリムクール