平均的な体型からモデル体型をめざす

ダイエットに取り組む人の中には、平均的な体型をしていても、なおモデル体型を目指すという人がいます。どんなことに気をつけて、平均体型からモデル体型を目指すといいのでしょうか。

一つは食事の時間を決めることです。食事の回数を増やし少量づつ食べるとどのくらい食べたのかわからなくなり、結果的にカロリーオーバーになることがあります。満腹感が得られないので暴飲暴食の原因になってしまうこともあります。夕食を軽めに、朝と昼のボリュームを多めにするといいでしょう。時間をまもって食事をすることが、体にいい影響があります。モデル体型を目指すのであれば禁酒も大事です。お酒を飲むとつまみやおかずを食べ過ぎてしまう傾向があるので要注意です。たんぱく質は体を動かすためのエネルギーになるだけでなく、体内に消化吸収する過程で多くのエネルギーを使う必要があるので、おすすめです。ちょっとした量の食事で満腹になるように、少ないカロリーでたんぱく質の多い豆等をよく噛んで食べてください。モデル体型になりたいからといって炭水化物抜きダイエットなどの無理なダイエットをすると便秘を引き起こしてしまいますので気を付けましょう。平均的な体型からモデル体型まで絞り込むには有酸素運動が不可欠です。体に負担が少ない有酸素運動は早く体重を落としたい人におすすめです。1週間に4回を目安に、筋トレをすることもおすすめです。筋肉量が増えると代謝が高くなり、脂肪の燃えやすい体になります。平均的な体型からさらにモデル体型を目指す場合でもけっして無理なダイエットはしないようにしましょう。
http://www.tunisianawebawards.com/