カムという仕組み

車のエンジンのカムとカムシャフトについて書いていきます。動弁系は、一般的にはバルブシステムやバルブメカニズム

と呼ばれています。吸排気バルブの開閉で重要な機構が、カムです。カムという仕組みですけども、カムは、様々な機会で使われているものですので、スプリングなどと組み合わせることで回転運動を往復運動に変化させるということができます。バルブシステムでは、カムとバルブスプリングで吸排気バルブを開閉しています。カムには様々な形のものがありますけども、吸排気バルブで使われているカムは、電柱が変形したもので、断面を見ると一部が滑らかに吐出した卵形となっています。バルブが閉じた状態の時に、バルブの軸の端にカムの突出していない部分が触れるような配置がされています。そのままカムを回転させると、トッスつ下部分がバルブの軸の端を押すようになり、バルブが開いて行きます。その突出した部分を超えてしまいますと、今度はバルブスプリングの力でバルブが閉じて行きます。この例はカムが直接バルブををする、直同式ですけども。てこうとして機能するアームを介してバルブを開閉するスイングアーム式やロッカーはアーム式もあります。車買取 枚方