ダイエット効果と健康への影響

外見を気にしてダイエットをするだけではなく、健康効果を期待してする方も最近は多くなっています。

広くメタボリック症候群という言葉が認識されるようになったことで、肥満対策が健康に深い関わりがあることが広まったことによるかもしれません。

いろいろな影響が、体脂肪が増えても放置していると、体にあらわれます。

スタイルは特に気にしていないから、ダイエットは面倒だからと油断していると、生活習慣病リスクが体脂肪が増えることによって、高くなります。

糖尿病や高血圧、高脂血症などの効果を受けやすくなるかもしれません。

体重が増えると関節への負担も大きくなります。

全体重の60%の重さがかかる場所がヒザであり、5倍ほどの荷重が、歩いたり走ったりするとかかるようです。

肥満をそのままにしてダイエットを怠っていると、腰痛や膝の関節痛などの症状にも悩まされるかもしれません。

抗酸化物質カロチノイドが、ダイエットをせず脂肪の蓄積量が増すと脂肪によりたまってしまいます。

結果的に活性酸素に対する防御力が低下するといいます。ダイエットをしないでいると、体内の抗酸化力が低下するのです。

気づかないうちに、脂肪が増えると体へ悪い効果が現れ、思い立ったときには手遅れになっていることもあるでしょう。

後で取り返しのつかないようなことにならないよう、しっかりダイエットをして健康効果を得たいものです。
http://www.gzrens.net/