冬になると良く作るのが甘酒です。お米と米

冬になると良く作るのが甘酒です。お米と米麹で作りますが、お米は白米よりもち米の方があまくて美味しくなります。昔はこたつで作ったという話を聞きますが、炊飯ジャーの保温機能を使うと比較的楽に作れます。麹菌は高熱に弱いので60℃以上になると死んでしまい、また温度が低すぎると発酵せず甘みが出なくなるので家で作る時は温度調整が一番の鍵です。
この甘酒ですが、とても栄養豊富で「飲む点滴」と言われています。ただ小さな子供にはどうだろうと健診の時に保健師さんに尋ねた所、手作りの甘酒であれば飲ませても大丈夫、むしろ栄養満点でとても良い飲み物だと言われました。ただし市販の甘酒は酒粕や人工甘味料を使用していてアルコール成分が入っているものもあるので気を付ける様にとも言われました。
そしてこの甘酒は美容と健康増進、免疫力アップにもつながるとのことで、オリゴ糖、食物繊維、ビタミンB1,B2,B6,アミノ酸、コウジ酸、葉酸などの栄養成分が含まれているようです。この成分を見ただけで便秘の解消、美肌効果が期待できそうです。便秘症の方は寝る前に飲むと効果があるようですが糖分が高いのでくれぐれも飲み過ぎには注意した方が良いと思います。
買い物をするたびにわくわくが増えていく!