保管する場所がない場合

車庫証明を取るときに必要なことについて書いていきます。もし車を保管する場所がない場合には駐車場を借りることになります。

しかしその場合には承諾書や契約書、確認証明書といった書類が必要となります。まず、承諾書ですが、借りる駐車場や借地の所有者の保管場所使用承諾証明書という書類になります。これは、承諾書などと呼ばれるもので、駐車場や借地の所有者が発行するものですが、駐車場の管理を不動産業者などに任せている場合もあります。保管場所の位置には、駐車場や借地の住所を記入します。そして使用者欄は車を持つ人の郵便番号、住所、電話、名前を書き込むことになります。ここで一つ注意が必要です。試用期間は最低でも1年以上でないと駐車場所としては認められない場合が多いようです。ですので、必ず1年以上使用期間が認められていることを確認するようにしなければなりません。なお公園団地などの場合には、市役所などの自治体の確認証明書が必要となります。それぞれの自治体に尋ねるようにいたしましょう。車買取 豊中