ダンボールに荷造りをする時のコツ

引越しの荷造りで欠かせないものといえばダンボールで、引越し業者を使う場合でも荷造りは自分たちで行うといった時には業者から荷造り用のダンボールを支給されたり購入したりとすると思います。

そんなダンボールですが、そのサイズによって耐久度が変わってくるそうです。例えば小さいダンボールのほうが頑丈で、大きめダンボールは底が抜けたりつぶれやすくなったりとするようです。

ですので重量のある物は小さいダンボールに、軽めの物は大きいダンボールに詰めていくのが基本だと聞いたことがあります。

確かにこうしたことはイメージしただけでも想像がつきます。小さいダンボールは外側がしっかりと固いイメージがありますし、大きいダンボールは比較的軟らかめです。

ただたんにダンボールに荷物を詰めていくだけでも、こうしたことに気をつけるだけで運搬時に持ち運びがしやすくなりますし、運んでいる途中で底が抜けてしまうといった事態を減らすこともできます。

単身パック 比較*単身パックを徹底解剖