妊婦に葉酸を厚生労働省がすすめるわけ

葉酸は老若男女すべてに必要とされている栄養です。

しかしその中でも特に妊婦に対しては必要性が高いとされており、これは厚生労働省によって推奨されていることからも明らかです。ではどうして厚生労働省が妊婦に葉酸を推奨しているのかと言うと、その最たる理由は胎児の先天性の神経管閉鎖障害のリスクを軽減させる効果が期待できるためです。先天性の神経管閉鎖障害は、胎児に重篤な障害をもたらす可能性がある他、場合によってはその命にまでかかわってくる状態です。これを予防するためには、胎児の細胞分裂がしっかりと行われることが必要なのですが、葉酸には細胞分裂を促進させる作用があることから、その予防に対しての効果が期待できるとされています。そのため厚生労働省が推奨しているわけで、特に胎児の細胞分裂が盛んに行われている妊娠初期においてはある程度、まとまった量の葉酸を摂取することが必要だと定められています。また細胞分裂に働きかける以外にも、葉酸には造血作用もあります。そのため妊婦の健康維持、そこから胎児の健康に対しての良い作用が期待できると言うのも、これが推奨されている理由のひとつです。
http://www.xn--dckzcp9i7e.xyz/