消費者金融の借金を踏み倒せると思ってますか?

消費者金融にお金を借りたまま踏み倒してしまえば…と思うだけなら簡単ですが、実行するとなるととても困難なのが分かるはずです。

消費者金融の借金を踏み倒したという話は稀にあります。

借りている金額が少額である場合には、手間と時間をかけて裁判をやったりはしないという話もあります。

しかし消費者金融はプロなので、借金の返済をしない人を放置するという可能性は低いと思われます。

夜逃げをして住所がわからなくなって、住民票も移さなければ、裁判を起こされずに5年が経過して、時効になるという可能性はあります。

この場合、借金を踏み倒すことのメリットよりもデメリットのほうが大きくなってしまっては意味がありません。

ほとんどの場合に、夜逃げをして住民票も移さないことのデメリットのほうが大きくなります。

それならば、自己破産などをして合法的に借金の踏み倒しをしたほうが良いでしょう。

自己破産よりも任意整理のほうがデメリットは小さくてすみます。

借金の踏み倒しはできないことはないですが、メリットとデメリットをしっかりと検討してから行うことが大切です。

素人では判断が難しい問題なので、まずは弁護士や司法書士などに相談をしてみるのが良いでしょう。

踏み倒しに近いのがクレジットカードの消滅時効の援用方法【確実!】にもある時効の援用じゃないでしょうか。