田舎とニートは相性が良いのでは?

僕は今、田舎に暮らしています。田舎に住んで感じたことですが、ニート(無職)は田舎と非常に相性が合うと思います。朝は日差しや鳥や虫の鳴き声で起きます。日中はまったりしていることが多いけど、自然の風や外の空気・音等がまったり感をさらに深めてくれます。

夜も虫が鳴く音以外シーンとしていて喧騒感がなく、自然と床に着くことができます。これらは普段からのんびりしたニートの性格・生活に非常に合うと思います。また、こんな環境に身を置くと、無理に働こうという気持ちにならなくなります。のんびりと畑仕事をしながら自分のペースで暮らすことができ、ニート的な生き方に非常に合うと思います。

口が狭くて深い瓶や水筒を洗うのに、ボトル専用ブラシが便利ですよね。我が家でも、百円均一で購入したプラスチック&ナイロンのボトルブラシを愛用していました。それがだいぶくたびれてきたので、新しいボトルブラシを購入することにしました。

ネット通販で検索してみると、それはもうたくさんの種類が売られているんですね。値段もピンからキリまであって、どれにしたらいいのか迷ってしまいます。とりあえず、千円未満で見た目がカワイイ!というところを重視して選ぶことにしました。そこで見つけたのが、レデッカーという外国メーカーのブラシです。

ちなみに、女性ホルモン剤のエストロモンは「馬の尿」からできているときいてびっくりしたのですが、科学的に精製しているらしいですね。くわしくは↓のサイトをみてくださいね。

http://xn--ick8a5b3f6bvb5057m.xyz/

ブラシで有名なメーカーで質も良さげ、値段もお手頃でした。何より木製の柄がおしゃれで、ブラシ部分も天然毛なのに惹かれました。まだ届いていませんが、カワイイキッチングッズを買うと気分も上がりますね。