そもそも外壁塗装って何?

住宅の外壁には様々な性能が求められています。その中で最も必要なのが防火性です。日本の住宅では、外部からの火災の延焼を食い止める性能が求められています。

さらに、遮音性能や断熱性能も求められます。これらの性能を一つの材料だけで負担するのは困難です。外壁の基材には防火性能を求め、断熱性能は断熱材に、遮音性能は壁全体で無理なく負担しています。外壁には防水性も求められます。外壁の基材に防水性能がない場合は、外壁塗装と防水紙により防水性能を担当します。外壁塗装には防水性が求められます。
外壁塗装は外部から見える住宅の顔でもあります。住宅を代表する顔として、模様が付けられたり着色されたりもします。外壁塗装には意匠性も求められます。外壁塗装の材料は様々な種類と品質があります。ウレタン系、エポキシ系が一般的で、性能の良いフッ素樹脂系の塗料もあります。
外壁塗装の材料は一般に高額になるほど性能が向上し、長持ちします。家 外壁塗装の劣化は、庇の出も影響しています。長い庇に守られた外壁は、塗装が長持ちします。庇の出がない住宅の塗装は、早く劣化します。塗装は住宅の顔として意匠を象徴するだけでなく、防水性という大切な役割を担います。