ビタミンCやEには抗酸化作用

加齢臭対策のためには、どんな食事をすればよいのでしょうか?

加齢臭は、脂肪酸が酸化することで発生する物質が臭いの元と言われています。

脂肪酸は、動物性脂肪の多い食事を摂取していると増えてしまいますから、肉食中心の食事をしていたら加齢臭が強くなってしまうでしょう。

逆に言えば、動物性脂肪を抑えた食事をすることで、ある程度加齢臭を抑えることが可能になります。

できるだけ野菜を中心とした食事にして、肉より魚介類を摂取することで、脂肪酸が増えるのを抑えることができるのです。

また、脂肪酸が酸化しないようにすれば、少しでも加齢臭の元の発生を防ぐことができるでしょう。

つまり、抗酸化作用のある食事をすることで、加齢臭を抑えられるというわけです。

例えば、ビタミンCやEには抗酸化作用があることが知られていますから、積極的に摂取するようにしてください。

その他にも、抗酸化作用があることで有名なカテキン、ポリフェノール、リコピン、β-カロテン、コエンザイムQ10などを毎日の食事で摂るようにしていきましょう。
http://mujeresdemaiz.net/