サプリメントと添加物

市販のサプリメントにはたくさんの添加物が使われています。一般に販売されているサプリメントの中にはなぜこんな添加物を使わなければならないのか?と少し意味が分からなくなってしまうようなものを使われている場合がたくさんあるそうです。
明らかに粒の嵩を増やすためだけに添加物を使っているメーカーもあるそうです。粒の半分以上、場合によっては9割以上が添加物で出来上がっているサプリメントもあるそうです。この場合添加物をいくつも使った場合は体に良くない影響を発生するリスクも抱えなければならなくなります。サプリメントを製造する場合に添加物を全く使わないで作ることはかなり難しいことであると言われています。錠剤としてまとめるために、苦味などの飲みにくい状態をカバーするため、錠剤の形を整えやすくするため、保存性を良くするため、それらのいろいろな目的のためにある程度の添加物を配合しなければならないのは仕方のないことです。自分のところで販売しているサプリメントは添加物が一切入っていないと主張するメーカーもあるのですけれど、実際にサプリメントとして販売されているものでしたら添加物ゼロは考えられません。この添加物について極力必要以外の添加物を使わないようにして、どうしても使わなければならないのだったら食品に近い安全性が非常に高いものを選んで、きちんとその添加物を表示しなければならないルールを徹底的に追求して最高品質のサプリメントを作り出してほしいと考えるのは不可能なものを手に入れたいと考えているということになってしまうのでしょうか?