安全にできる断食ダイエット

日本人が1日3食おやつ付きという食生活を始めたのは、近代化してからのことです。昔はは1日2食や、半日以上食べないということは普通にあったのです。食事量が1日3食おやつ付きと過剰なまでに増えたことで、肥満体質の日本人がどんどん増えてしまいました。
プチ断食ダイエットから始めてみましょう。断食というのは不健康と考えるひとが多いかもしれませんが、朝抜きだけとか、半日だけと制限付きであれば、すぐにでもできることです。朝は食べないでも大丈夫というかたには、とくにおすすめできます。 プチ断食ダイエットの方法は極めて簡単で、朝食だけ食べなければいいだけです。といっても水分補給はすべきなので、口にしていいのはコーヒー、紅茶、お茶などです。冷たい飲み物は体を硬化させ酸化をうながしますので、できるだけ温かいものを飲むようにします。 少し本格的にするなら、夕食を取ってから翌日の昼食までの間、なにも食べ物を口にしないようにします。12時間以上も食べないことになりますので、ダイエットはもちろん、体から不純物を取り除き免疫力を向上させる効果も得られるでしょう。

にゅスニーカー『にゅーず』って何だろう?