紫外線をカットして日焼け対策をする

紫外線対策の基本は、太陽光の下に出る時に紫外線を肌に浴びないようにするということです。毎日家の中にこもっている事もできません。戸外に出る時は紫外線を肌に浴びる機会を少なくするために、サングラス、帽子、日傘などUVカット効果のあるものを使っていきましょう。

目で感知できないことが紫外線の厄介な点ですが、地表や建物からの反射でも体に届くことを考慮に入れておきましょう。帽子にサングラスなどをしても、下からや横から反射した紫外線が顔に当たることも十分に考えられます。普段は気が行き届かないことに関しても、紫外線対策をしておく心がけがいると言われています。

紫外線を散乱または吸収するサンオイルを皮膚に塗っておくことも紫外線対策になります。顔などの紫外線対策をしっかりとしたい場所は、日に数回は塗り直す事も必要になります。女性は、化粧室でメイクを直す時に日焼け止めクリームを改めて塗り直すことで、紫外線対策効果を保つことができるようになります。

日焼け止めを購入する時は、SPFという紫外線を防ぐ強さに注目しましょう。日差しの強い海に行くならばSPF50のものを、普通の外出時にはSPF20から25程度というように、用途に合わせてSPFの度数も変えるようにしましょう。普段から、ちょっとしたことで紫外線対策を心がけるようにしましょう。

40代に人気のオールインワンジェル