ドライバーショットと曲がり

ドライバーショットの練習の一つに”曲げる練習”がります。

ドライバーショットというのは打てば半分は曲がるものです。そうであれば最初から曲げるつもりでスイングしたほうが、かえってフェアウエイキープ率が上がるという発想です。
プロでもアマでも、ゴルファーは、かならずフェード(スライス)系の持ち球の人と、ドロー(フック)系の特ち球の人に分かれるものです。
ストレートが持ち球という人は厳密にはいないもので、ゴルファーの体型やスイングの癖によって、かならずフェードかドローに分かれるんです。
逆にいえば、それくらいボールをまっすぐ飛ばすことはむずかしかということなんです。
“曲げる練習”とは、その自分の持ち球に磨きをかけるということになります。
具体的にいえば、”曲がり幅”をコントロールする練習をするということですね。
いかにもむずかしそうに聞こえますが、この練習はまっすぐ飛ばす練習よりはるかに簡単なんです。
たとえばフェード系の人がストレートボールやドローボールを打つのはむずかしいけれど、スライスに近いフェードなら、
スタンスの向きを変えるだけで簡単に打ち分けられます。

パターのライ角を調整・チューンナップ