最新のバスルーム事情(調光システム)

バスルームはもはや身体を洗うためだけの場所ではなく、リラクゼーションのための場所と捉えているかたが非常に増えてまいりました。
朝風呂も気持ちの良いものではありますが、一日の仕事を終えて夜、ゆったりとお湯につかるあの寛ぎタイムは、他の何ものにも代えられないような幸せ感を伴います。
外が少し寒くなってくる季節はなおさらですね。
一つ一つの細胞が温められてリラックスしてゆくのがわかるようです。 Continue reading

最新のバスルーム事情(使いやすい水栓)

バスルームをリフォームしようと思ったときに、意外と盲点なのが水やお湯のでる蛇口周りです。
盲点ではありながらも、ホテルに宿泊したり、よそのお宅へ宿泊したときなどには、自分の家のバスルームもこんな水栓だったら良いのに、と思ったことはありませんか。
レバー式であったり、プッシュ式であったり、蛇口周りで温度調節ができたりなど、現在ではとても安全で便利なものが作られています。
もちろん昔ながらの、ひねる水栓もありますが、それにしても最新のものは非常にシンプルかつ、お洒落に作られています。
たかが水栓ではあるのですが、髪の毛を洗っているときや、石鹸で手が滑りやすくなっているときなどは、ただ単に軽く押すだけで適温のお湯がでてくるタイプなどは、非常にありがたいですよね。
一昔前にはありがちだったお湯と水の両方の蛇口をひねって、出てくるお湯の温度調節をし、それをシャワーに変換するという一連の流れは、髪の毛を洗う際中には非常にストレスがかかったものです。
温度調節がうまくゆかずに、冷たすぎたり、熱すぎたりということもたまにありましたね。
現在でも、そのような水栓をお使いのかたはまだ大勢いらっしゃると思うのですが、既にそのようなわずらわしさから解放されるタイプの水栓が販売されています。
小さなお子様や力のない高齢者のかたでも、軽くタッチするだけで適温が出てくる蛇口や、いきなりシャワーを出したときに熱いお湯を被らないですむような配慮、掃除がしやすい形状等々、最新の蛇口周りはストレスがありません。
リフォームというと、面積が広い壁や床やバスタブにばかり気持ちが行ってしまうのも仕方のないことではありますが、蛇口周りを疎かにいたしますと、あとで後悔することになるかもしれません。レビトラの通販 早くて安心安全なおすすめサイト

最新のバスルーム事情(デザイン)

最新のバスルームは本当に目を見張るほど素晴らしい機能が満載で、リフォームの際にご自宅のバスルームにもその機能を取り入れるのか迷ってしまいますね。
しかし、素晴らしいのは機能だけではありません。
これが本当に一般家庭のバスルームなの?と思うくらいにデザインがお洒落になってきています。
掃除がしやすい方が良いバスルームですから、ゴテゴテした飾りがあるわけではありませんが、シンプルな美しさと申しましょうか。
各所に流線型を使用するなど、まるで海外旅行などで宿泊したときに憧れたリゾートホテルのバスルームのようです。
基本的に日本の住宅は狭いのだから、バスルームも狭くて当然だろうという感覚がこれまであったと思います。
家を設計するときに、バスルームの大きさが決まっているわけではないにもかかわらず、基本的に日本の住宅ではこのくらいが良いであろう、という暗黙の了解にも似た大きさというものがありました。
その基本となっていた大きさが現在、一回り、二回り広くなってきています。 Continue reading

不動産一括査定でよかったことと反省点

独身時代に購入したマンションを賃貸していましたが、結婚してマイホームを買う時に、住宅ローンの借入限度額が制限されるので売却することにしました。
マンションを買ったときは新築だったので価格も決まっていましたが、売却するときは中古の取引になるので価格は自分で決めることになります。 Continue reading

一軒家を買う際の後悔

一昨年一軒家を購入しました。アパートでの環境が悪く、ここでは子どもを育てていけないと思い、建売住宅を探し始めました。
場所は通勤の関係でほぼ決まっていたので、限定された場所で探しました。
Continue reading